忍者ブログ
24 July

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12 November

GoldLink / Soulection / Fingalick

たった一枚のミックステープでバズを引き起こした無名のアーバン野郎、GoldLink(twsc)、21歳。なんでもこの青年、ラップをやっていることは家族や親しい友だちにも秘密にしているとか(インタビューはこちら)。目立った後ろ盾なし。そんな丸腰の彼の名刺代わりとなったのは、日本にもファンの多いLAの<Soulection>のホスティングで公開されたこの曲。これは人気出るよね、というのが数秒で理解できるくらいにめっちゃスムースです。フリーダウンロード。

●Galimatias & Joppe - 'One Step Back (Ft. GoldLink)' / Posted on Feb 13, 2014


<Soulection>との関係が現在どうなっているかはちょっとリサーチが行き届かないんですけど、続くミクステ『The God Complex』(現在は有料化されてます)にて、「フューチャー・バウンス」と銘打つサウンドを確立。<Soulection>的なソウルフルなフレーバーはそのままに、よりクラブ・ミュージック的な出音とビートのバネを持ったプロダクションが最高にクールです。「フューチャー・バウンスというスタイルが明確に定義されたわけではないけれど」と断りつつ、Montell Jordanの'This Is How We Do It'的な音を現代的にアップデートする方向性らしいです。

●GoldLink - 'Ay Ay' / Posted on Apr 1, 2014


『The God Complex』のビート面を支えるのは、<Soulection>のLakimが参加するなどのニュースはありつつも、基本的な無名のプロデューサーたちです。単純に曲数で言えばLouie Lasticの存在感が大きいですが、個人的に気になったのはリトアニアのFingalick。GoldLinkとはウェブやeメールだけの繋がりと言うから、今っぽくて面白いですよね。直近では'Entrance Theme VIP'というコラボもありますし、Without Lettersというインディー・バンドのメンバーでもあるそうですが、ソロ名義のサンクラがおススメです。その他、詳しいことはこちら

●Fingalick - 'Cortex' / Posted on Apr 9, 2013


あんまりお洒落すぎる音楽は(自分に似合わない気がして)あまり聴かないのですが、これはすんなり入ってきました。ピッチフォークでは無名ながらも取り上げられて7.9点。また、『FADER』が「ドリーム・ラップ」というジャンルでこういう音をまとめようとしたこともあるみたいです。知らなかった。
PR